KELのソリューション

NetAppが提供するさまざまなテクノロジーを用い、堅牢かつ柔軟なインフラ環境を構築するストレージソリューションを提供しています。

ソリューション例

オンプレミスのストレージと連携したハイブリッドクラウドや、近年重要性が高まる災害対策(DR)、事業継続計画(BCP)を実現するテクノロジーを用いたソリューションを紹介します。

ハイブリッドクラウドインフラソリューション

クラウドとオンプレ間でデータをシームレスに移動する「NetApp Private Storage」

NetApp Private Storage(NPS)は、AWSやMicrosoft Azureなど、パブリッククラウドと専用回線で接続したコロケーション環境のNetApp FASストレージと自社内のストレージをSnapMirrorによってレプリケーションすることで、オンプレミスとパブリッククラウドの間でのシームレスなデータの移動を可能にするソリューションです。

NPSのポイント
  • ・パブリッククラウド上のコンピューティングリソースを活用したいが、データはオンプレミスに置きたいという企業の要件に最適
  • ・オンプレミスのストレージにはNetAppのFAS/AllFlash FASシリーズを採用
  • ・パブリッククラウド上のディザスタリカバリ環境構築も容易に実現

DR・BCP対策ソリューション

NetAppが提供するレプリケーションソフト「SnapMirror」を基本とし災害対策に役立つテクノロジーを活用したソリューションです。

SVM Disaster Recovery

SVM(Storage Virtual Machine)は、1つのストレージを仮想データ ストレージおよびネットワークを安全に分離することでクライアントに、それぞれ単一のストレージとして認識させる技術です。

レプリケーションソフトウェアのSnapMirrorを用い、SVM単位でDRサイトにデータコピーを行い、障害時には最小限のシステム停止でレプリケーション先のデータにアクセス。ディザスタリカバリ(DR)を実現します。

SnapMirror Synchronous

ボリュームベースの同期型データレプリケーションを実現。セカンダリストレージに瞬時に記録させることで、障害時のRTO(目標復旧時間)ゼロを可能にします。プライマリストレージ障害時は、手動でセカンダリストレージに切り替えてアクセス可能。障害時のリカバリ用にSnapshotも定期的に取得(デフォルト1時間ごと、2世代)

VMware連携 仮想基盤のバックアップ

NetAppが提供する「SnapCenter」は、さまざまなアプリケーション、データベース、VMのバックアップ、リストア、クローニングの処理を1つのツールで実行できるようにする管理ソフトウェアです。

SnapCenterを使用することで、ストレージを操作することなくVMware仮想環境のバックアップやリストアを⾏えるようになるため、管理者の運⽤負荷を削減することができます。

垂直統合型クラウドインフラソリューション

仮想基盤を迅速に導入できるFlexPod

FlexPodは、NetAppのストレージ製品を、「Cisco Unified Computing System(UCS)サーバ」とネットワークスイッチ「Cisco Nexusファブリック」を予め組み合わせて提供するコンバージドインフラ製品です。

組み合わされた製品はすべて事前検証済みのため、お客様側での検証作業は不要。迅速なインフラ構築が可能になります。また必要に応じてリソースの拡張も用意であるためプライベートクラウドの基盤にも便利です。

日本全国の広範囲なサポートを提供

KELでは、支社や自社グループ企業、協力会社を含め、国内では北海道から沖縄まで全国を網羅した拠点展開を行い、お客様の保守を行っています。各地方の拠点だけでなく、主要拠点からリモートで各拠点と連携しサポートを行うことで、全国の拠点で同様に品質の高い対応を行うことができます。

KANEMATSU ELECTRONICS LTD.

〒104-8338 東京都中央区京橋2-13-10

TEL:03-5250-6676

Email: netappzt@ml.kel.co.jp

MAP

NetAppソリューション